メンズスキンケアのやり方、ツールを一挙紹介!

記事更新日: 2020/03/31

ライター: 秀(ひで)

年とともに気になる肌の衰え。

特に男性の方はスキンケアなんかしてこなかったという方は多いのではないでしょうか。

気になるけど何から始めれば良いか分からない。

そんな方にスキンケアのやり方、商品の選び方などをご紹介します。

この記事の対象者

ひで

スキンケアかぁ。女性がやるものだと思っていたんだけど、最近年とともにシワが気になってきたり、乾燥が気になってきたんだよね

先生

男性もスキンケアは必要だよ。それではなぜ男性もスキンケアが必要か、またそのやり方について説明しよう。

この記事の対象者
    • スキンケアをこれまであまり意識的にやってこなかった男性の方
    • スキンケアをやる必要が良く分からない方
    • スキンケアのやり方を知りたい方
    • どんなツールを使えば良いか知りたい方

20代の方はこれからスキンケアをやっていく為に、30代以上の方はこれ以上肌の老化を進行させない為にぜひ読んでいただければと思います。

人生100年時代と言われていますので、50代、60代、70代の方もぜひ読んでいただき、健康的な肌を保つヒントになればと思います。

スキンケアの必要性

ひで

スキンケアってやらないといけないの?やっぱりまだイマイチ必要性が分からないんだよね

先生

男性は特に化粧する訳でもないから必要性が分からないよね。なぜスキンケアが必要なのか、説明しよう

スキンケアはなぜ必要?

そもそもスキンケアとは何でしょうか。

スキン(肌)をケア(手入れ、メンテナンス)という意味です。

つまり肌をメンテナンスすることがスキンケアの目的となります。

ではなぜ肌をメンテナンスしなければいけないのでしょうか。

肌の役割として最も大きなものとして、

外からの刺激から守るバリア機能」と「体内からの水分が蒸発するのを防ぐ役割(保湿機能)

があります。そのバリア機能や保湿機能が十分に果たせていれば何も問題ありません。

しかしその機能は何もしなければ十分ではなくなります。

なぜバリア機能や保湿機能は十分に機能しなくなるのでしょうか。

理由は簡単で「日常生活の中で肌がダメージを受けているから」になります。

ダメージを受けている原因としては、

・外で浴びる日光の紫外線

・大気中の有害物質など(埃やチリなど)

があります。

肌はそういった外からの刺激を常に受け続けています。

外からの刺激から守る役割を果たしているのが肌の最も外側にある「角質層」となります。

しかし、角質層は0.02mmほどの薄い層のため、ちょっとした外からの刺激や痒みで肌を掻くことによって簡単に破壊されてしまいます。

特に冬の時期は乾燥しますので、痒くなって掻いてしまった経験は誰しもがあると思います。

さて、そうして角質層が破壊されてしまうと、紫外線や外からの刺激をダイレクトに受けることになります。

そしてダメージは蓄積されていきますので、齢とともに肌の衰えに繋がっていくということになります。

肌のダメージを放置しておくとどうなるのか

ひで

肌の役割って結構大事なんだね。じゃあ、スキンケアも何もせずに放置してたらどうなるの? 先生

先生

では肌の役割について説明しよう

肌のダメージが蓄積されていくとどうなるのでしょうか。

ダメージによって肌は段々とざらついてきて(亀裂が入ってきて)いわゆる「ドライスキン」と言われる状態になります。

つまり常に乾燥した状態です。

表面が乾燥している為、

・内側からの水分の蒸発を防ぐことができない(保湿機能の低下)

・外からの刺激から守ることができない

状態になります。

角質層を洋服や靴と考えてみましょう。

普段私たちは外を出歩く時に洋服を着て靴を履きます。(もちろん家の中でも服は着ますがここは一旦置いておきます)

これは、他人から見られる事に対する対策もありますが、それ以上に外からの刺激から守る事の役割が大きいはずです。

これが服や靴がない状態で外に出たらどうなるでしょうか。

冬の時期であれば寒さに耐えられないでしょうし、裸足で歩いていれば足を怪我するでしょう。

この状態が肌がダメージを受けている状態のイメージとなります。

スキンケアをしていないと、ダメージを受けた状態で刺激を受け続けますので、ダメージはますます蓄積されます。

肌も乾燥しやすくなりますので、ますます痒くなり掻いてしまいます。

そうするとさらにダメージは大きくなり、、と悪循環に陥っていきます。

そうならない為にも普段から肌のメンテナンスを行い、少しでも肌が健康的でいられるようにケアしていく必要があります。

肌の自浄作用

ひで

一度なくなったバリア機能は二度と復活しないの?

先生

そんなことはないよ。人の細胞は次々に入れ替わることでメンテナンスをしているんだ。肌もターンオーバーと呼ばれる細胞の入れ替わりが行われているんだよ。

ターンオーバーとは、皮膚の内側で新しい細胞が生まれ、それが表面に押し上げられ、古い細胞と入れ替わることを言います。

ターンオーバーによって細胞は生まれ変わり、健康な肌になります。

なお、ターンオーバーの周期は20代ぐらいまでは約28日ですが、30代を超えてくると40日を超えてくると言われています。

ターンオーバーの周期が長くなればなる程、古い細胞の状態が長くなりますので、ダメージが蓄積されやすいと言う事になります。

20代ぐらいまでの若いうちはターンオーバーの周期も短いので、特にスキンケアを行わなくてもダメージの蓄積は小さくて済みます。

一方加齢すればする程ターンオーバーの周期は長くなるので、ケアが必要になります。

齢とともに落ちてくる代謝の影響はこういったところにも表れてくるんですね。

<結論>

①スキンケアは肌の「保湿機能」「外気からのバリア機能」を維持するために必要

②ダメージを放っておくと保湿機能、バリア機能が機能しなくなり、ダメージが蓄積され、肌の老化が進む

③肌は一定期間で生まれ変わる(ターンオーバー)。ただし年齢とともに周期は長くなる傾向がある

肌がダメージを受ける要因

ひで

うへぇぇ。スキンケアをしないとダメージが蓄積されていくんだね。今まで全く気にしていなかった。

先生

大抵の人、特に男性は気にしていない人が多いんじゃないかな。ただ、知っておくのと知らないまま過ごすのでは長い目で見ると全然違ってくるから良いきっかけになったね。

ここまでの流れをまとめると、

ここまでのまとめ
    • 肌の役割は保湿機能と外からのバリア機能がある
    • ケアをしないとダメージが蓄積される
    • 若いうちは肌の生まれ変わり(ターンオーバー)の周期が短いのでダメージの蓄積が小さくて済む
    • 加齢に伴い、ターンオーバーの周期が長くなり、ダメージが蓄積される

となります。では、具体的にどういった対策が必要なのでしょうか。

その前に肌のバリア機能、保湿機能が損なわれる要因をまとめました。

大きく5点あります。

肌のバリア機能、保湿機能が損なわれる要因

 

①紫外線や大気の埃やチリなどの外部刺激

ここについてはすでに説明しました。

 

②加齢

加齢に伴い、肌の水分量は減ってくると言われています。

特に30代を超えたあたりから顕著になってきます。

20代〜30代が細胞に関しては転換点になっているのかもしれませんね。

 

③ターンオーバーの周期の変化

ここについても既に説明しましたが、一般に30代を超えたあたりから周期が長くなってくるようです。

 

④ストレスなど

ストレスは精神だけでなく身体にも悪い影響を及ぼします。

ストレスによってもターンオーバーの周期の乱れにつながると言われています。

不規則な生活習慣なども悪影響を及ぼしますので、注意が必要です。

 

⑤誤ったスキンケア

スキンケアの必要性について記載していますが、行き過ぎたスキンケアも逆効果となります。

良くあるのが誤った洗顔です。

顔は毎日洗っていると思いますが、その際にゴシゴシと洗ったり、頻繁に顔を洗っている方もいるのではないでしょうか。

洗顔によって肌は清潔になりますが、洗い過ぎは逆に肌のバリア機能を損なうことになります。

また冬などは寒いからといって熱いお湯で洗顔しがちになります。

お湯の温度が高ければ高いほど肌の保湿効果は下がるので気をつける必要があります。

清潔にしたつもりが逆にバリア機能や保湿機能を奪ってしまい、肌がダメージを受けやすい状態になりかねないので注意しましょう。

男性の肌の特徴について

ひで

男性と女性って肌の特徴って違いはないの?

先生

よく気付いたね。実は男性と女性では若干特徴が異なるんだ。説明するね。

①男性の方が皮脂が多い

肌の保湿を守る皮脂の分泌量ですが、男女で比較すると男性は女性の3倍ほど皮脂を分泌していると言われています。

特におでこから鼻の中心部分までの「Tゾーン」と呼ばれる部分は他の部分よりも皮脂の分泌が多い為、テカリが目立ちます。

皮脂自体は肌の潤いを保つ為に分泌されますが、過剰に分泌されると逆に毛穴に詰まったり、角質が多くなってしまったりし、逆効果になります。

男性の方がニキビができやすいのも皮脂の分泌量の多さが原因です。

 

②男性の肌の方が乾燥しやすい

肌に含まれる水分量も男女で異なります。

男性の水分量は女性の50%以下と言われており、乾燥しやすくなっています。

肌が乾燥するとひび割れなどが起こりやすくなり、そこからシワやたるみにつながります。

また乾燥していると水分の蒸発を防ぐために更に皮脂が分泌されることにもつながります。

 

③男性の肌の方がダメージが大きい傾向がある

男性と女性での大きな違いの一つにヒゲの存在があります。

男性は女性よりもヒゲが濃いので男性の多くはヒゲの処理を行います。

ヒゲを剃る時には肌のバリア機能を壊すので、その分ダメージが大きくなります。

また、スキンケアをしていない男性は普段からノーガードで外気の刺激を受けていますので、やはりダメージが大きくなります。

以上を踏まえてみても男性もスキンケアが必要であるということが分かります。

<結論>

肌のバリア機能、保湿機能が損なわれる要因

①紫外線や大気の埃やチリなどの外部刺激

②加齢

③ターンオーバーの周期の変化

④ストレスなど

⑤誤ったスキンケア

男性が女性よりも肌へのダメージが大きい要因

①男性の方が皮脂の分泌が多い

②男性の肌の方が乾燥しやすい

③ヒゲ剃りによるバリア機能の破壊やスキンケアをしていない男性が多いため

スキンケアをすることで健康な肌を保つことが必要

スキンケアのポイント

ひで

肌がダメージを受ける要因はいろいろあるんだね。そうならない為にどうやってスキンケアをしていけば良いのだろう。

先生

それでは具体的なスキンケアについて見てみましょう。

スキンケアのポイントは、

・余分な皮脂や汚れを洗顔で落とすこと

・その後にしっかりと保湿を行うこと

になります。

それではそれぞれについて詳しく見ていきましょう。

①洗顔について

誤った洗顔の知識

・洗顔は基本的にしなくて良い

・お湯だけで洗えば十分

・肌の汚れを落とさなければいけないのでゴシゴシ強く洗った方が良い

・洗顔料は肌を綺麗にするものだから多少顔に残っているぐらいが良い

上のような誤った知識を持っている方が多くいます。

良くあるのが、女性の洗顔方法を知り、それをそのまま知識として持っている方です。

上にも書きましたが、男性と女性はそもそも肌の特徴が異なりますので、男性は男性にあったスキンケアを行っていく必要があります。

正しい洗顔の知識

・洗顔は基本的に必要

・熱いお湯では洗わない(水またはぬるま湯が良い)

・洗顔料を用いて洗顔した方が良い

・洗顔料はあわ立てて使用する

・ゴシゴシ力強く洗わない

・洗顔料は綺麗に洗い落とす

・洗顔後は保湿を行う

上の点に気をつけて洗顔を行うことで清潔で健康的な肌を保つことができます。

では具体的に洗顔のやり方を見てみましょう。

正しい洗顔のやり方

(1)水またはぬるま湯で顔全体をすすぐ

洗顔する際には水またはぬるま湯が最適です。

熱いお湯は肌のバリア機能を損なわせ、逆に乾燥しやすくなりますので気をつけましょう。

 

(2)洗顔料を手に取り泡立てる

洗顔料を泡立てる理由は肌全体に行き渡るようにする事と、泡によって優しく洗うことができる事です。

洗顔は手でやるものと思っている方もいますが、手でゴシゴシ洗うと肌へのダメージが大きくなります。

優しく洗えるようにしっかりと泡だてましょう。

洗顔料の中には最初から泡が出てくるものや泡だて用のネットもありますので、泡立てるのが苦手な方は活用すると良いでしょう。

 

(3)顔全体になじませるように包み込む

泡立てた洗顔料を顔全体になじませます。

その際に皮脂の分泌の多いTゾーンはしっかり目に、その他の部分は優しく洗うようにしましょう。

特に鼻と頬の間などは汚れが残りやすくなりますので、指先を使って洗うようにします。

 

(4)ぬるま湯で泡を洗い落とす

顔についている泡をぬるま湯で洗い落としましょう。

この時、ゴシゴシとこするのはNGです。

また、熱湯も肌が乾燥しやすくなりますので、気をつけましょう。

洗顔料が顔に残っていると、肌にダメージを与えますので、しっかりと泡は落としてください。

 

(5)タオルで水分を落とす

洗い終わったらタオルで顔の水分を落とします。

この時も洗顔と同様に優しく包み込むように行ってください。

ゴシゴシこすってしまうと肌へダメージを与えますので気をつけましょう。

以上が洗顔の流れとなります。

正しい保湿のやり方

次に保湿のやり方になります。

保湿の手順は洗顔→化粧水(人によっては化粧水の後に美容液)→乳液の手順になります。

 

(1)化粧水を顔全体にムラなくつける

洗顔後にまず使用するのが化粧水になります。

化粧水は肌に水分を与えてくれます。

使い方としては、化粧水適量を手に取り、ムラなく顔に塗っていきます。

特にヒゲ剃り後であればアゴ周辺はしっかりと塗るようにしましょう。

 

2)美容液で肌に栄養分を与える

化粧水で水分を与えた後は、美容液を使用します。

美容液の役割は肌を健康に保つためのツールになります。

美容液も化粧水同様顔全体に塗っていきます。

なお、めんどくさいと感じる方に関してはオールインワン化粧水などの全て入っているものもありますので、利用すると良いでしょう。

 

(3)乳液で水分が逃げないようにフタをする

最後は乳液を使ってフタをします。

付け方は

・手のひらに適量(1円玉ぐらい)を取り広げる

・アゴ、目元などに塗る

・頬などに塗る

・Tゾーン(おでこ、鼻のライン)に塗る

の順番になります。

Tゾーンを最後に塗るのは、Tゾーンが皮脂が出やすい場所だからです。

もともと皮脂が出やすい場所なので乳液を多めにつけると油分が多すぎることになってしまい、肌にとっては逆効果となります。

最後に少量をつけるぐらいで良いでしょう。

<結論>

①洗顔は正しい知識を身につけて行うことが大事

②正しい洗顔のやり方を行う

(1)水またはぬるま湯で顔全体をすすぐ

(2)洗顔料を手に取り泡立てる

(3)顔全体になじませるように包み込む

(4)ぬるま湯で泡を洗い落とす

(5)タオルで水分を落とす

③洗顔だけで終わらせないこと。保湿までしっかりと行う

④正しい保湿のやり方

(1)化粧水を顔全体にムラなくつける

(2)美容液で肌に栄養分を与える

(3)乳液で水分が逃げないようにフタをする

注目のスキンケア用品

ひで

洗顔のやり方、保湿のやり方は分かったよ。では具体的にどういったスキンケア用品があるのかな。

先生

それでは具体的にスキンケア用品について見ていきましょう。

今回は、男性向けの①洗顔料、②化粧水、③乳液、④オールインワン化粧水をご紹介します。

大手通販サイトアマゾン、ヤフーのランキングを参考にしました。

各カテゴリ3つずつ紹介します。

メンズ洗顔料おすすめ3選

まずは洗顔料のおすすめからになります。

 

商品名
バルクオム (BULK HOMME) BULK HOMME THE FACE WASH 洗顔料 単品 100g
特徴
・内容量:100g
・洗うところはしっかりと洗い、潤うべきところはしっかりと潤いを残す
・生石鹸の弾力泡

価格
2,200円(アマゾン/2020年3月8日現在)
大手サイト評価
・アマゾン(1位)
こんな人にオススメ
・本格的にスキンケアを行いたい方
・他の洗顔料を使って物足りない方
商品名
ビオレ おうちdeエステ 洗顔ジェル
特徴
・内容量:240g(約80回分)
・肌への負担を抑えた「角栓クリア処方」
・毛穴の汚れ、黒ずみにも効果が期待できる
・240gタイプはアマゾン限定販売

価格
1,082円(アマゾン/2020年3月8日現在)
大手サイト評価
・アマゾン(1位)
こんな人にオススメ
・毛穴の汚れが気になる方、お風呂などでゆっくりと使用できる方には特におすすめ
・評価は高いものの敏感肌の方には少し不向きの傾向

 

商品名
メンズビオレ 泡タイプ洗顔
特徴
・キメ細かい泡タイプ
・手で泡を作らなくても最初から泡で出てくる
・保湿成分も配合
価格
1,200円(アマゾン/本体+詰め替えセット/2020年3月8日現在)
大手サイト評価
・Yahoo!ジャパン(2位)
こんな人にオススメ
・シェービングまで一緒にやりたい方
・泡立てを楽に行いたい方(泡が出てくるのでそのまま利用できます)

化粧水おすすめ3選

次は化粧水になります。

オールインワンタイプはここでは省いています。

 

商品名
ナチュリエ スキンコンディショナー 500ml
特徴
・ハトムギ化粧水
・しっとりしているのにベタつかない化粧水
・ボディを手軽に潤いケアできます
・アマゾンメンズ化粧水部門で1位
価格
519円(アマゾン/2020年3月8日現在)
大手サイト評価
・アマゾン(1位)
こんな人にオススメ
・たっぷりと使用したい方(大容量)
・敏感肌の方(低刺激)

 

商品名
菊正宗 日本酒の化粧水 高保湿 単品 500ml
特徴
・500mlの大容量だから首・腕・足などにもたっぷりと使用が可能
・保湿効果を持つアミノ酸やミネラル成分などが日本酒には含まれていることから製品化された
価格
634円(アマゾン/2020年3月8日現在)
大手サイト評価
・アマゾン(2位)
こんな人にオススメ
・たっぷりと使用したい方(大容量)
・肌のかさつきや乾燥が特に気になる方

 

商品名
ニベアメン アクティブエイジローション 100ml
特徴
・コエンザイムQ10*4・ヒアルロン酸(うるおい成分)配合
・健康的でいきいきとした肌を保つ化粧水
価格
1,189円(アマゾン/2020年3月10日現在)
大手サイト評価
・アマゾン(5位)
こんな人にオススメ
・年齢による肌の状態が気になる方
・肌の乾燥、小じわが気になる方

乳液おすすめ3選

次は乳液になります。

オールインタイプはここでは省いています。

 

商品名
ナチュリエ スキンコンディショニングジェル 180g
特徴
・ベタつかないのにしっとりうるおうハトムギコンデショナージェル
・アマゾンメンズ乳液部門で1位
価格
702円(アマゾン/2020年3月8日現在)
大手サイト評価
・アマゾン(1位)
こんな人にオススメ
・ベタつくのが嫌な方
・ハトムギ化粧水を使われている方
・コスパ重視の方

 

商品名
菊正宗 日本酒の乳液 380ml セラミド
特徴
・キメ細かい泡タイプ
・保湿効果の高いアミノ酸とセラミドをプラス
・顔はもちろん全身にも使用可
価格
1,200円(アマゾン/本体+詰め替えセット)
大手サイト評価
・アマゾン(8位)
こんな人にオススメ
・たっぷり全身に使用したい方(大容量)
・菊正宗 日本酒の化粧水を使用している方(使用したいと考えている方)

オールインワンタイプおすすめ3選

最後にオールインワンタイプです。

オールインワンタイプは、化粧水、美容液、乳液が全て入っているものになります。

 

商品名
&GINO(アンドジーノ) プレミアムフェイスエッセンス アクアモイス 50ml
特徴
・化粧水、乳液、美容液、クリームがこの1本に集約
・アマゾン、楽天、ヤフーショッピングで人気の商品
・値段は高いものの大手サイトの評価がいずれも高い
価格
5,280円(アマゾン/2020年3月10日現在)
大手サイト評価
・ヤフーショッピング(1位)
・アマゾン(3位)
・楽天(1位)
こんな人にオススメ
・カサつき、シワ、ヒゲ剃り負け、テカリ、たるみ、くすみに悩む方
・手入れをしたいけどやり方が分からない方

 

商品名
Nile 化粧水 メンズ オールインワン アフターシェーブ 150mL
特徴
・男性のスキンケア用品4アイテム(化粧水、美容液、乳液、クリーム)を1本に凝縮
・効果は最大12時間持続
・エイジングケア用品
価格
2,000円(アマゾン/2020年3月10日現在)
大手サイト評価
・アマゾン(1位)
こんな人にオススメ
・顔のテカリ・オイリー肌が気になる方
・かさつき乾燥が気になる方
・ひげ剃り後のヒリヒリが気になる方

 

商品名
オルビス(ORBIS) ミスター スキンジェルローション ◎メンズ用 オールインワン 本体 150mL
特徴
・ベタつき、カサカサ肌両方の悩みに対応できるオールインワン
・皮脂、乾燥、シェービングダメージをケアしてくれる
・2019年3月度アマゾンメンズオールインワンで1位獲得
価格
1,760円(アマゾン/2020年3月10日現在)
大手サイト評価
・アマゾン(3位)
こんな人にオススメ
・無香料のため、メントールや香りが苦手な方
・コスパ重視の方

まとめ

以上、スキンケアの必要性と、やり方、ツールについてご紹介しました。

この記事を読んでいただき、スキンケアの重要性について少しでも理解していただければ幸いです。

いつまでも若々しくいられる為にも、日頃からの肌のメンテナンスをぜひ心がけていただければと思います。

 

 

この記事を書いたライター

秀(ひで)

国内サービス業の大手企業の経営企画部に所属する現役の会社員(40代)

昨年(2019年)に国内でMBAを取得。首席にて卒業。

「日本中の人たちが笑顔で楽しい日々を過ごせる世の中にする」をミッションに日々活動を行う。

この記事に関連するラベル

ページトップへ