検証!噂の『鼻うがい』効果は?痛みは?!実際に試してみました

記事更新日: 2020/03/31

ライター: 秀(ひで)

最近TVでも見かけるようになった「鼻うがい」。

実際に効果が気になるけど鼻の中に液体を入れるのは痛そうだし、抵抗がある。。

でもコロナをはじめとして風邪や花粉に悩まされるのはもう嫌だ!

そんな方は多いのではないでしょうか。

今回は鼻うがいについて、実際に購入し試してみました。

鼻うがいをやることでどんなメリットがあり、いくらぐらいかかるのか、ぜひ知っていただきたいと思います。

 

 

この記事の対象者

 

ひで

先生〜。最近ウィルスについてニュースで良く見るんですけど、何か良い対策はないですか?

先生

確かに、病気はかかってからの対策よりもかからないための予防の方が大事だね。では今回は鼻うがいについて紹介しましょう。

最近コロナ関連のニュースを見ない日はありませんが、皆さん対策は行われているでしょうか。

手洗いやうがい、アルコール消毒など例年以上にしっかりと行われている方も多いのではないかと思います。

今回は最近CMでも話題になっている「鼻うがい」について紹介したいと思います。

これまで鼻うがいをやったことのない方、気になるけど怖いという方にぜひ読んでいただきたいと思います。

鼻うがいとは

 

ひで

鼻うがいって最近CMでも見かけるけど、流行っているの?

 

先生

うがいって聞いたら普通口でするものを想像するよね。鼻うがいって何なのかをここでは説明しよう。

鼻うがいとは?

うがいと言えば口でするもの、そういう認識の方は多いのではないでしょうか。

鼻うがいとは文字通り口でするうがいの鼻バージョンになります。

口でのうがいは、口の中にいるウィルスや汚れなどを洗い落とすために行います。

鼻うがいに関しても同様に、鼻の中にいるウィルスや埃、花粉などを洗い流します。

そうすることによって鼻の中を清潔に保ち、健康的な状態にします。

 

鼻うがいに使用する洗浄液は?

鼻うがいに使用される洗浄液は、主に食塩水(生理食塩水)となります。

食塩水を、ぬるま湯(37から42度位)に溶かし、洗浄液として使用します。

濃度は0.9%となりますので、1リットルあたり9グラムの食塩を溶かすことになります。

自分で作ってやるのも良いですが、洗浄液や水に溶かして作れる粉末が市販されていますので、最初はそういったものを活用した方が良いでしょう。

水道水でやっても良い?

うがいを水道水でやる方も多いと思います。

同様に鼻うがいも水道水でやって良いのかな?と思う方も多いと思いますが、鼻うがいには水道水はあまり適していないようです。

水道水で行うと、ツーンとして痛いだけでなく、水道水に含まれる塩素が鼻粘膜細胞や嗅細胞を壊してしまうので、滅菌精製水で作った生理食塩水や、市販の専用洗浄剤を使うようにしてください。

(参考)小林製薬ハナノアHP

水道水を煮沸したり、減菌精製水を使用すると良いようです。

私は水道水をお湯にして(42度)、市販されている粉末を入れて使用しています。

<ポイント>

1. 鼻うがいは口でするうがいの鼻バージョン

2. 鼻うがいによって鼻の中にいるウィルスや埃、花粉を洗い流してくれる

3. 鼻うがいに使用する洗浄液は主に生理食塩水。自分で作っても良いが市販されているものを最初は使用した方が良い

4. 水道水を直接使用するのはあまり良く無い

鼻うがいをやらないとどうなる?

ひで

鼻うがいをこれまでやってこなかったよ。やらないとどうなるの?

 

先生

鼻うがいをしない事によるリスクがあるんだ。見てみよう。

鼻うがいを行わないことによるリスクは以下となります。

 

1. 鼻が詰まりやすくなり、口呼吸になりやすくなってしまう

鼻の役割として、体内に直接埃やウィルスが侵入するのを防ぐ役割があります。

鼻の中に入ってきたウィルスや埃は鼻水として蓄積されます。

鼻水が溜まっている状態を放置すると、段々と空気の通り道が狭くなり、結果口呼吸をしなければ息ができない状態になります。

口呼吸になると、口を通して、直接体内にウィルスや埃が入ることになり、病気の原因になりやすくなります。

 

2. 体内(鼻の中)に埃、花粉、ウイルスが残り続け、不衛生な状態になりやすい

適度に鼻をかんでいても鼻の中には埃や花粉などの身体に取っては不必要な物が残り続けることになります。

特に外出していると大気の中にある多くの花粉や埃、ウイルスを吸い込んでいますので、蓄積されやすくなります。

そういった物質は身体に取って有害なものですので、残り続けることで不衛生な状態になります。

 

ひで

外から帰ってきた時にうがいや手洗いをするように鼻の中も綺麗にしないと不衛生な状態でい続けることになるんだね。

<ポイント>

鼻うがいをやらない状態は

1. 鼻が詰まりやすくなり、口呼吸になりやすくなってしまう

2. 体内(鼻の中)に埃、花粉が残り続け、不衛生な状態になりやすい

鼻うがいのメリットとデメリット

 

ひで

鼻うがいをすることのメリットとデメリットを教えてください。

 

先生

ここでは鼻うがいをやることのメリットとデメリットを説明しましょう。

鼻うがいのメリット

メリットは以下の3点です。

鼻うがいメリット
    • うがいにより鼻の中を清潔に保つことができる
    • 鼻の粘膜を清潔な状態に保つことで、免疫機能を保持・向上させる
    • 上記対策の結果、鼻づまりをはじめとした鼻のトラブルの軽減や、花粉症対策、風邪の予防にもつながる

つまり、鼻うがいをすることで鼻の中が洗浄され、粘膜が良い状態になります。

粘膜が良い状態になると、免疫力が向上し、結果病気にかかりにくい状態になるようです。

鼻うがいのデメリット

デメリットは以下の3点です。

鼻うがいデメリット
    • 塩分濃度、お湯の温度を誤ると鼻の中に炎症ができる
    • 水の圧力が強すぎると鼻の中を傷つけかねない
    • 終了後に洗浄液を出さないと炎症を起こしかねない

 

●1. 塩分濃度、お湯の温度について

塩分濃度、お湯の温度については、塩分濃度0.9%、お湯の温度37〜42度が適性の中で、それを大幅に上回る塩分濃度や温度で鼻うがいを行うと炎症などが起こるリスクがあります。

 

●2. 水の圧力について

水の圧力については、鼻うがいをする際に、下から上に洗浄液を出すことになります。

専用の器具はありますが、使い方を誤ると勢いよく鼻の中に洗浄液を出してしまい、鼻の中を傷つけることになりません。

鼻の中を怪我すると、様々なリスクがありますので気をつける必要があります。

 

●3. 洗浄液について

鼻うがいを行いながら洗浄液は下に出ていきますが、終了後にしっかりと鼻をかまないと鼻の奥に洗浄液が残ったままになってしまいます。

残った洗浄液が原因で炎症を起こすリスクもありますので、しっかりと鼻をかむ必要があります。

<ポイント>

鼻うがいのメリットは、

・鼻うがいにより鼻の中を清潔に保つことができ、病気の予防につながる

鼻うがいのデメリットは、

・正しく鼻うがいを行わないと、逆に鼻の中を傷つけることになりかねない

となります。

鼻うがいのやり方

 

ひで

実際にどうやって鼻うがいをやるのか教えてください。

 

先生

では具体的に市販されているツールを使ってやってみましょう。

ここでは、市販されている鼻うがいのツールを用いて行うやり方を説明します。

他にも食塩水を用いたやり方などお金を使わないやり方もありますので、気になる方は調べてみてください。

ハナノアとハナクリーンαの違い

ハナノア:洗浄液+洗浄ボトルタイプ

・専用のボトルと洗浄機がセットになったツール

・1回の洗浄で50mlを使用する

・手軽に鼻うがいができる

ハナクリーンα:洗浄粉末+鼻うがい専用器具

・洗浄粉末と洗浄用の専用器具がセットになったツール

・お湯を使って洗浄用の粉末を溶かして使用

・初期投資はかかるが、専用器具を購入後は洗浄粉末だけを購入すれば良い為、コスパは高い

 

ハナノアを用いた場合

ハナノアを用いた鼻うがい手順

1. 専用の容器(購入時についてくる)に本体の液体50mlを入れます。

2. 片方の鼻に容器の先端を差し込みます。

3. 「あー」と言いながら容器を押すと容器から洗浄液が鼻に出ます。

4. 同じように反対側の鼻の穴に容器の先端を差し込み残りの洗浄液を出します。

5. すべての洗浄液を出した後に、鼻をかみ、容器を洗浄して終了です。

ハナノアの専用容器です。

※鼻うがいしている様子は、あまり見せられるものではないので掲載しておりません。

ハナクリーンαを用いた場合

ハナクリーンαを用いた鼻うがい手順

1. 専用の容器に300mlのお湯(もしくは150mlの水と150mlのお湯)を入れます。お湯の温度は容器についている温度計で適正かどうかを確認することができます。

2. 専用の粉末を1袋容器の中に入れて溶かします。

3. 容器のふたをします。

4. 鼻うがいを実施します。左右の鼻の洗浄を行います。「あー」と言いながら行うと、ツーンとくる痛みをあまり感じなくなります。

5. すべての洗浄液を出した後に、鼻をかみ、容器を洗浄して終了です。

以上がハナノア、ハナクリーンαを用いた鼻うがいのやり方になります。

やってみると分かりますが、結構簡単です。

ぜひ一度お試しください。

効果は?!痛みは?!実際にやってみた

 

ひで

何となくイメージではできたけど、実際に使ってみたらどうなんだろう?

 

先生

実際に使ってみないと分からないよね。ということで、実際に買って使ってみたので、感想を紹介しましょう。

実際に私自身がハナノアとハナクリーンαを試しました。

以下について調べましたので検証結果を報告します。

 

開始から終了までに要する時間

ハナノア:約1分

時間はおおよそ1分程度です。専用の容器に洗浄液を移して、鼻に差し込み、左右の鼻の中の洗浄を実施。

最後は容器を洗って終了。うがいや手洗いをする手間と比べると若干手間はあるものの、許容範囲と言えます。

ハナクリーンα:約2分

約2分ほどかかります。専用の容器にお湯を入れて、洗浄粉末を入れます。

粉末が溶けてから実際に洗浄をします。洗浄後に片付けまでを行うと2分程度かかります。

 

痛みは無いのか?

ハナノア:若干ある

実際にやってみた感想としては、「若干ツーンとくる痛みはある

です。プールなどで鼻に水が入った時のような感覚に近いです。

ただ、プールなどと違い、そうならないような姿勢と行動(発声)を行いながら洗浄するため、プールの時ほどの痛みはありません。

全く無いかというとあるというレベルです。

ハナクリーンα:ハナノアに同じ

基本的にはハナノアと大きく変わりません。

ただ洗浄液がハナノアの場合50mlに対して、ハナクリーンαは300mlありますので、ハナノアが厳しい方はハナクリーンαはもっと厳しく感じるでしょう。

私自身は慣れましたので、問題なく使えています。

 

効果は感じるのか?

ハナノア:すっきり感はある

鼻うがいを始めて1週間ほどの段階で、何か体に変化があったかというとそんなことはありません

うがいや手洗いと一緒で、やることによって病気や鼻づまりなどの対策は行えますが、それ自体の効果は大きく感じていません。

ただ鼻の中がすっきりするといった感情に訴えかける効果は感じています。

顔を洗うと、気持ちがリフレッシュできるように、鼻うがいによって鼻の中が清潔になった感じがしますので、そういった効果はあると感じています。

ハナクリーンα:ハナノア+洗った感はある

効果はハナノアと大きく変わりません。

洗浄液の量が6倍になったのでその分多く洗えているなという実感はあります。

 

コスパはどうか?

ハナノア:高いとは言えない

洗浄液の量が300mlで、1回に50ml使用しますので、6回でなくなります。

慣れてくるとそういったものかと思うのかもしれませんが、アイボンなどと比較すると高いように感じます。

ハナクリーンα:コスパは高く感じる

1回300ml利用でき、しかも粉末をお湯に混ぜて使用することを考えるとコスパとしては良いと感じます。

洗浄の粉末はAmazonで約4,000円で180包入っています。毎日1回使用したとして、6ヶ月分のストックになります。

容器自体は5,000円を超えるので、買うまではハードルが高いですが、買ってみると使い倒そうという気になれます。

 

継続したいと思うか?

ハナノア:コスパを考えるとやや疑問

コスパの項目でも記載しましたが、手軽にできる反面、コスパに関してはやや低いと感じます。

ただ都度購入する分衛生面では高い為、優先度をどこに置くかで判断は変わります。

ハナクリーンα:買った後は継続したい

初期投資が5,000円を超える為、躊躇しますが、買ってしまえば後は使うだけになります。

洗浄粉末も非常に手頃なので、おすすめです。ただし、長く使っていく上での衛生管理はしっかりとする必要があります。

<ポイント>

1. 鼻うがいの時間は1〜2分程度

2. 痛みは最初のうちは若干ツーンとしたプールのような感じはあるものの慣れれば気にならない程度

3. 効果は明確には感じられないが(予防という観点でも)使用後はすっきりとした気持ちになれる

4. コスパは最初の段階ではハナノアタイプ(洗浄液+容器)が良いが、慣れてくるとハナクリーンαのように専用器具が良い(個人の見解)

5. 慣れてくると継続して使いたいと感じる

鼻うがい関連商品おすすめ6選!

 

ひで

具体的にどんな商品があるか教えて!

 

先生

では、おすすめ商品を紹介しましょう。ボトルと洗浄液(粉末)付きタイプのものと、洗浄機の2つに分けて紹介します。

鼻うがいのおすすめ商品を紹介します。

選定基準としては、大手通販サイトの口コミ、販売状況を参考にしました。

ボトルと洗浄液(粉末)付きタイプ3選

(ボトル+洗浄液おすすめ1)ハナノアシャワー  (鼻洗浄器具+専用洗浄液300ml)


●価格
808円〜880円(2020年3月末現在)※Amazonが最安値(楽天は送料別途必要)

●コスパ
・使用回数:6回分(1回50ml×6回)
・1回あたりの価格:約160円
・コスパ判定:やや高い
●特徴
・初心者にも使い方が簡単
・鼻の奥に入ってきた雑菌、花粉などをしっかりと洗浄してくれる
・体液に近い成分濃度
・ミントの香りで使用後にすっきり爽やかな気分に

●こんな人におすすめ!
初めて鼻うがいをやってみる方
まずはお試しでやってみたい方

●口コミ

 

高評価口コミ

副鼻腔炎で医師に勧められて購入し使用。抗生物質とハナノアを3ヶ月間使った結果、治りました。状況によっては手術も考えなければならなかったので助かりました。使用した感じは、最初から違和感なく使えたので毎日続けることができました。治りましたが、鼻がスッキリするので、これからも使い続けます。<Amazon口コミ>

 

低評価口コミ

花粉シーズンで少しでも鼻がすっきりすればと購入。使ってみたものの上手く出来ず、すっきりしない上に耳に入るのも怖いので使用断念。1回の使用量的にわりと良い値段するので個人的にイマイチでした<Amazon口コミ>

(ボトル+洗浄液おすすめ2):サイナスリンス・キット 10包


●価格
1,098円〜1,100円(2020年3月末現在)※Amazonが最安値(楽天は送料別)

●コスパ
・使用回数:10回分
・1回あたりの価格:約110円
・コスパ判定:適性

●特徴
・洗浄ボトルと生理食塩水を使った鼻洗浄キット(洗浄用のボトルと洗浄粉を内包)
・体液に近い成分で構成されている為、ツーンとした痛みが少ない
・1回240mlとたっぷりの洗浄液を使用できる為、しっかりと洗える

●こんな人におすすめ!
しっかりと洗いたい方
コスパ重視の方

●口コミ

 

高評価口コミ

以前鼻クリーンSを使っていましたが結構高価だし、ホース内の衛生状況が見えない事が不安になり、リピートもしましたが、お手入れが簡単な物はないかと探していてこちらを購入しました。 これは仕組みが簡単だし、安いのでシーズンごとに買い換えられるのでいいと思います。<Amazon口コミ>

 

低評価口コミ

鉱物油の匂いがして取れません。煮沸消毒とかも一応してみましたが、製品そのものの匂いなので変わらずです。鼻炎からの化学物質過敏症からの偏頭痛持ちなので、最悪です。使うと次の日ずっと具合が悪い。オイルクリーニングと同じ匂いです。香害に悩んでる方は買ってはいけません。<Amazon口コミ>

(ボトル+洗浄液おすすめ3)こども用 鼻うがい NeilMed サイナス・リンス キッズ 30包


●価格
1,595円(3社同価格/2020年3月末現在)※Amazonが最安値(楽天とYAHOO!ショッピングは送料別)

●コスパ
・使用回数:30回分
・1回あたりの価格:約53円
・コスパ判定:良い

●特徴
・洗浄用のボトル(120ml)と洗浄剤30袋を内包
・洗浄液は体液に近い生理食塩水
・4歳以上のお子様が使用可能なキッズサイズ

●こんな人におすすめ!
子供用として使用したい方
コスパが良いのでお子様に一度試してみてはいかがでしょうか

●口コミ

 

高評価口コミ

耳鼻科に行かず、毎日鼻洗浄して鼻風邪は治りました。抗生剤飲むより効果があると感じた。子供も楽になるのがわかってからは、自分から『鼻洗う』と言うくらいです。子供でも楽に洗えます。 海外では鼻洗浄が一般的だと聞いたので、この商品のパフォーマンスにも納得でした!<Amazon口コミ>

 

低評価口コミ

子供のために購入。使って貰ったら、「痛い!」ということで2度使って貰うことができませんでした(涙) 向き不向きがあると思うので、注意してください。<Amazon口コミ>

鼻うがい洗浄機3選

(洗浄機おすすめ1)HailiCare 鼻洗浄器 鼻うがい ノーズシャワー 成人 児童 手動式 アレルギー性鼻炎 風邪 花粉症 鼻炎などに適用 300ml ノズル3個


●価格
1,180円〜1,299円(2020年3月現在)※楽天、YAHOO!ショッピングが最安値

●コスパ
・ノズルが3つ(大人用2つ、子供用1つ)
・3人で使用できる
・コスパ判定:良い

●特徴
・この商品1つで最大大人2人、子供1人が使用できる
・ボトルの底面にあるボタンを押すだけで緩やかに洗浄液が出てくる
・コンパクトで携帯にも便利

●こんな人におすすめ!
家族で鼻うがいをやりたい方
コスパを重視したい方

●口コミ

 

高評価口コミ

人生初の鼻うがい!!ボタンを押していると出続けるので簡単でした。 使用後鼻をかんで、ビックリ!!超爽快!! 人間本来の鼻呼吸をした感じです!続ければ、風邪なんてひかないと思います!!副鼻腔炎じゃなくても、副鼻腔全てが洗い流されて爽快です!!お試しあれ!!<Amazon口コミ>

 

低評価口コミ

ペットボトル式で使い易いですが 長年のアレルギー持ちにとっては 入る水の量が足りなかったです。水の出る勢いも半分まではちゃんと出ますがその後急にちょろちょろになり洗いづらく残念でした。外出した時 ちょっと洗いたい時用には便利でした。<Amazon口コミ>

(洗浄機おすすめ2)日光精器 電動鼻用洗浄器 ハナオート nicoja NK7020


●価格
4,980円〜5,370円(2020年3月末現在)※Amazonが最安値

●コスパ
・ノズルは1つ(1人で使用)
・単4乾電池2本使用
・コスパ判定:適性

●特徴
・約20秒間洗浄液が噴き出し
・3段階から選べる水圧調整が可能
・電池で可動する為、楽に洗浄ができる

●こんな人におすすめ!
楽に洗浄したい方
ある程度鼻うがいに慣れている方

●口コミ

 

高評価口コミ

長い間、長男が耳鼻科で進められた手動ポンプ式を使っていましたが、私も鼻洗浄を始めようと思いこれを購入しました。今ではノズルを人数分買い足し、家族内の三人が使用しています。 我が家では全員大満足です。<Amazon口コミ>

 

低評価口コミ

1週間ほど使用してみましたが、使用直後に頭痛と高熱が出ることが数度ありました。 どうやら体質に合わないようです。<Amazon口コミ>

(洗浄機おすすめ3)ハナクリーンα(スタンダードタイプ鼻洗浄器)


●価格
5,427円〜5,897円(2020年3月末現在)※Amazonが最安値(楽天は送料別)

●コスパ
・ノズルは1つ(1人で使用)
・専用の洗浄粉末(30包内包)
・コスパ判定:適性

●特徴
・医療機関で推奨されている
・1回に300mlとしっかり洗浄できる
・温度計、水量目盛で適正な状態で使える

●こんな人におすすめ!
・毎日しっかり洗浄したい方
・自分で水圧を調整したい方

●口コミ

 

高評価口コミ

最初の頃は値段も高いし、小学生の実験キットみたいな見た目に衝撃を受けて買わなきゃよかったと思ってました。でもとりあえずはしばらく続けてみようと思って毎日やっていたら、いつの間にかこれ無しではいられなくなってました。コツを掴むまでにしばらくかかりましたが、これからも使っていきます。<Amazon口コミ>

 

低評価口コミ

他のレビューをみていると、「鼻づまりの原因となっている鼻水などがごっそり取れる」みたいなことが書いてありますが、それはありませんでした。洗浄液は鼻づまりにシャットアウトされて、おなじ鼻の穴から出てきます。<Amazon口コミ>

<ポイント>

1. 鼻うがいには「洗浄液+容器」タイプと「専用器具」タイプがある。

2. 未経験者は「洗浄液+容器」タイプをまずは試しに使ってみる

3. 専用器具タイプは初期投資は高いが、その後は低コストで利用できる

まとめ

いかがでしたでしょうか。

鼻うがいをまだやったことない方はぜひこの機会に一度お試しいただければと思います。

病気になってから対策するのではなく、予防としての日々の対策、ぜひ心がけていきましょう。

少しでも鼻うがいについての参考になっていただければ幸いです。

 

この記事を書いたライター

秀(ひで)

国内サービス業の大手企業の経営企画部に所属する現役の会社員(40代)

昨年(2019年)に国内でMBAを取得。首席にて卒業。

「日本中の人たちが笑顔で楽しい日々を過ごせる世の中にする」をミッションに日々活動を行う。

この記事に関連するラベル

ページトップへ